ブックメーカーとは?

ブックメーカーとは?

「ブックメーカー」と聞いても、

まだまだ日本では聞いたことがないという人も多いと思います。

ただ、実は日本でもテレビのニュースで「ブックメーカーの予想では・・・」

などメディアにすでに名前が出てきているんです。

 

実はこのブックメーカー、海外ではとても有名で、

日本の宝くじ売り場のように普通に売店があり、

そこで

スポーツの勝敗

に賭けることができます。

↓こちらはWilliam Hillというブックメーカーです

実際にはどちらが勝つかだけではなく、点数が奇数か偶数かや、

どちらのチームが最初のゴールを決めるかなど色んな対象に賭けることができます。

ただし、こんなこと気になりますよね

「え、ブックメーカーって海外に行かないとできないんじゃないの?」

そんな気になる内容についても説明していきます。

ブックメーカーの始め方

ブックメーカーは海外にいなくても、

インターネット上で始めることができます。

ただし、ブックメーカーの会社は色んな国にいくつもあって、

当然対応の良いブックメーカーもあれば、悪いブックメーカーもあります。

対応の悪いブックメーカーとは、最悪のケースだと、

「入金はできるけど、出金ができない」

なんてこともあります。

せっかく興味を持って始めたのに、そんなことになってしまっては本末転倒ですよね。

そのために、こちらでは日本人でも登録できる優良ブックメーカーについて解説していきます。

その前に、ここまで記事を読んだ方はこんなこと、気になったのではないですか?

「え、日本で賭博って違法じゃなの?」

そんな点についても触れていこうと思います。

ブックメーカーの違法性について

先述した通り、ブックメーカーはインターネットを経由し、海外のブックメーカーサイトにアクセスし賭けを行います。

実は日本で賭博罪に問われるには賭博の運営と、賭博をした者がセットで日本にいる必要があります。

実際、日本の法律では以下のように定められています。

(賭博)第百八十五条
賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

(常習賭博)第百八十六条一項
常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。

そしてこの法律は、第一条で国内の犯罪において適用と記されています。

第一条この法律は、日本国内において罪を犯したすべての者に適用する。

またもう一つ、賭博罪には共犯性という概念があり、

「相手方(運営)のない賭博行為というものは観念されない」ということです。

これが先述した

「賭博の運営と、賭博をした者がセットで日本にいる必要がある」

という点です。

普通に考えれば、1人じゃ賭け事は成立しないため当然と言えば当然です。

ケンカ両成敗と同じで、通常、賭けを提案する側と、賭けに乗る側がセットで裁かれるのが当然という認識なのです。

しかし、実際にはブックメーカーは厳密にいうとグレーゾーンというのが個人的な見解です。

というのも、現状として日本国内でブックメーカーに対しての明確な法律がないためです。

もし法律が変わり、ブックメーカーが禁止となった場合、

知らずにそのまま賭けを行っていると、それは違法行為となってしまいます。

ただし現在の日本の時代の流れとしては、賭博を解禁しようという動きもあるため、

今後は日本でもブックメーカーが当たり前の時代がくるのかもしれません。

ブックメーカーのアカウント開設はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする